支払いが遅れそうなら

経済的な問題から、家賃が払えそうになくて、お困りの方もおられるのではないでしょうか? 家賃の納入が滞りそうになったら、慌てることなく、物件の管理者にその旨伝えましょう。どうせ払えないからと言って、家主からの連絡を無視し続けていると、遅延損害金が発生するなどのほか、最悪の場合には、強制退去させられる可能性もあるので、注意する必要があります。このようなリスクを回避するためには、家賃を滞納してから強制退去となるまでの流れや、家賃の滞納による影響、家賃の支払いが遅れないで済むようにする方法について、理解を深めておくことが大切です。

家賃は、毎月の定められた期日までに支払わないと、滞納したことになります。ただし、滞納したからと言って、即座に物件を強制退去させられるという訳ではありません。いざという時に慌てないで済むよう、滞納から強制退去までの流れを理解しておきましょう。家賃が滞納すると、まずは手紙や電話で、支払いを促す通知が行なわれます。それでも支払いがない場合、配達証明付きの督促状や、内容証明郵便が送付されますが、こちらにも応じない場合、契約が解除されます。その後は、物件の明け渡しを請求する訴訟が起こされ、強制退去という流れになります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket