家賃の滞納について

賃貸物件を利用していて、家賃の支払いが遅れそうになった場合は、慌てずに、家主へその旨伝えることが大切です。こちらの連絡を怠り、家主からの連絡にも応じないでいると、遅延損害金の発生などのほか、最悪の場合は強制退去ということにもなり兼ねないので、気をつける必要があります。こうした状況に陥ることのないよう、滞納から強制退去までの流れや、家賃の滞納がもたらす影響、滞納しないで済むようにする方法を理解しておくと良いでしょう。

月々の所定の期日までに家賃の支払いがない場合、滞納となります。ただし、滞納すれば、すぐに強制退去となる訳ではありません。滞納の後は、手紙や電話による支払い通知、配達証明付きの督促状や内容証明郵便の送付を経て、契約解除、物件明け渡し請求の訴訟、強制退去という流れになります。家賃の滞納によるデメリットとしては、遅延損害金が発生する可能性があります。また、信用情報に傷がつく場合があります。こういったリスクを回避するためには、家賃の支払いを遅れないようにすることが大切なのは言うまでもありません。こちらの目的を果たすためには、自分の経済状態にマッチした家賃の物件を利用することなどがポイントになります。

当カテゴリーでは、家賃の支払いが滞りそうになっている方のために、お役立ち情報をお届けしてまいります。滞納した後の流れや、滞納による影響、支払いが遅れずに済む方法などを理解したいという方は、参考にしてみてください。