お金を借りる方法など

この先、家賃の支払い期日が近づいているものの、資金が不足していて払えそうにない場合は、お金を借りるという選択肢もあります。例えば、家族や友人へ相談を持ち掛ける他に、銀行や消費者金融の提供するキャッシングサービスを利用するのも一つの方法です。中でも、カードローンキャッシングの場合、最短で即日の融資を受けることも可能になります。こちらの方法であれば、家賃の支払い日が目前に迫っていて、急いで資金を調達する必要性に迫られている状況であっても、問題を解決することができるでしょう。なお、家賃を滞納したことで、信用情報に傷がついてしまうと、キャッシングの審査にも悪影響が及ぶこととなるので、注意する必要があります。

言うまでもありませんが、家賃は、できることなら滞納しないで済むに越したことはありません。とは言いながらも、やむを得ない事情から支払いが遅れてしまった場合には、契約が解除されるまでの期間や遅延損害金の請求など、行なわれる対応方法は、それぞれの家主によって異なります。したがって、いざという時に、寛大な対応をしてもらうことができるよう、常日頃から、家主との良好な信頼関係を築いておくことも大切なファクターとなります。給料日まであと少しだけど、家賃の支払い分が足りないという時などは、家主との信頼関係を崩さないためにもキャッシングサービスなどを利用して滞納を逃れましょう。最近では1週間であれば利息なしのサービスなどを実施している消費者金融などもありますので、上手に活用してお金のやりくりをしてみてはいかがでしょうか。

関連HP_一週間無利息の消費者金融『NOLOAN』

滞納の影響と防止策

家賃の支払いが遅れそうな場合には、滞納によって、どのような影響があるのかという問題もチェックポイントになります。例えば、家賃の滞納があると、遅延損害金が発生する可能性があります。基本的に、遅延損害金が発生する場合、契約書にその旨記載されているので、内容を確認しておくと良いでしょう。その他にも、家賃を滞納したことにより、信用情報に傷がつく可能性があります。

そのように、家賃を滞納すると、さまざまなデメリットがあります。こうしたリスクを回避するには、当然ながら、家賃を滞納せず、きちんと支払うことがポイントになります。そのためには、まず、賃貸物件を探すにあたって、自分の経済状態に見合った家賃の設定されている物件を選ぶことが大切です。

また、経済的な問題ではなく、ついうっかりして毎月の支払いを忘れてしまうという場合には、別の対策を講じる必要があります。例えば、家賃の支払い方法が手渡しになっている場合、口座からの自動引き落としに変更するのも選択肢の一つです。また、スマートフォンのスケジュール機能を活用して、家賃の支払い日を登録し、期日が近づいたらアラームが鳴るよう設定しておくのもおすすめの方法になります。

支払いが遅れそうなら

経済的な問題から、家賃が払えそうになくて、お困りの方もおられるのではないでしょうか? 家賃の納入が滞りそうになったら、慌てることなく、物件の管理者にその旨伝えましょう。どうせ払えないからと言って、家主からの連絡を無視し続けていると、遅延損害金が発生するなどのほか、最悪の場合には、強制退去させられる可能性もあるので、注意する必要があります。このようなリスクを回避するためには、家賃を滞納してから強制退去となるまでの流れや、家賃の滞納による影響、家賃の支払いが遅れないで済むようにする方法について、理解を深めておくことが大切です。

家賃は、毎月の定められた期日までに支払わないと、滞納したことになります。ただし、滞納したからと言って、即座に物件を強制退去させられるという訳ではありません。いざという時に慌てないで済むよう、滞納から強制退去までの流れを理解しておきましょう。家賃が滞納すると、まずは手紙や電話で、支払いを促す通知が行なわれます。それでも支払いがない場合、配達証明付きの督促状や、内容証明郵便が送付されますが、こちらにも応じない場合、契約が解除されます。その後は、物件の明け渡しを請求する訴訟が起こされ、強制退去という流れになります。