滞納の影響と防止策

家賃の支払いが遅れそうな場合には、滞納によって、どのような影響があるのかという問題もチェックポイントになります。例えば、家賃の滞納があると、遅延損害金が発生する可能性があります。基本的に、遅延損害金が発生する場合、契約書にその旨記載されているので、内容を確認しておくと良いでしょう。その他にも、家賃を滞納したことにより、信用情報に傷がつく可能性があります。

そのように、家賃を滞納すると、さまざまなデメリットがあります。こうしたリスクを回避するには、当然ながら、家賃を滞納せず、きちんと支払うことがポイントになります。そのためには、まず、賃貸物件を探すにあたって、自分の経済状態に見合った家賃の設定されている物件を選ぶことが大切です。

また、経済的な問題ではなく、ついうっかりして毎月の支払いを忘れてしまうという場合には、別の対策を講じる必要があります。例えば、家賃の支払い方法が手渡しになっている場合、口座からの自動引き落としに変更するのも選択肢の一つです。また、スマートフォンのスケジュール機能を活用して、家賃の支払い日を登録し、期日が近づいたらアラームが鳴るよう設定しておくのもおすすめの方法になります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket